シングルマザーの国保節税法
(大阪府 I・T様)

シングルマザーのI・Tさん(大阪府)の場合です。

幼稚園の息子さん2人の世話をするので、
正社員としては働けず、パートを掛け持ちして生計を立てています。

との事でした。

国民健康保険料は、年間24万円。
国民年金は、年間17万円。

毎月の支払いは、33,000円にもなります。

「私の月収で、何でこんなに高くなるんでしょうか?息子を抱えて、途方に暮れています…」

とのメールを頂きました。

シングルマザーの方は、特に年収に比べて税率が高くなります。

なぜなら国保は、家族が1人増えると2~3万円、
保険料が増えるからです。年収は関係なく、です。

I・Tさんの場合、年収に関係なく12万円が固定で発生していました。

さらに、国保の減免も受けられませんでした。
最も負担が重く感じられるカテゴリーだと言えます。

では、節税をした結果、どうなったかというと…

健康保険・年金あわせて、年間の支払額は24万円になりました。
17万円の節税です。

更に、将来貰える年金が若干増える結果になりました。

17万円のお金…。

シングルマザーのI・Tさんにとっては、かなり助かったようです。
息子さんが小学生になるときのために、貯金しておきます、との事でした。

国保の減額ノウハウはこちら