不動産を売却したら、国保は激増!?
(広島市 K・N様)

広島市のK・Nさんの事例です。

K・Nさんは個人事業を営んでいましたが、借金返済に苦しんでいました。
そして自宅が競売によって、売却されてしまったのです。
K・Nさんは住むところがなくなってしまいました。

不動産を売却して利益が出ると、国保が激増します。
でも、競売の場合、売却代金は借金の返済に回され、お金は残りません。

つまり、競売にかかった場合は『泣きっ面に蜂』状態になるのです。

しかし、賢明なことにK・Nさんは国保の節税を学んでいました。
ですから、国保がいつ激増するかも分かっていたのです。
激増する直前に、節税策を打つことが出来ました。

もし、節税策を打っていなかったら、
国保が62万円、国民年金が約17万円。
合計で79万円。月々65,000円の支払になるところでした。

自宅が無いので、数万円の賃貸アパートの家賃も必要です。
こんなの払えるわけがありません。

しかし、K・Nさんはこれを回避。
健保・年金合計で約24万円、月々2万円の支払に抑えました。

国保の減額ノウハウはこちら